部長先生挨拶

学習院大学ラグビー部部長   数土 直紀

学習院大学ラグビー部の教員部長を務めさせていただいていますが、残念ながら私自身はラグビーの経験がありません。
しかし素人がみても、ラグビーがとても厳しいスポーツであることはよくわかります。
北グランドで公式戦があるときはできるだけ顔を出すようにしていますが、間近で見る試合の迫力に感心させられることが度々です。
 このようなラグビーを4年間続けることは、並大抵のことではなく、中途半端な気持ちではおおよそ成しえないことだと思います。


だからこそ、卒業まで部でラグビーをやり遂げることができれば、それはこの先の人生にとって大きな糧となることでしょう。
大学の4年間をどのように過ごすかはもちろん人それぞれですが、その4年間をラグビー部に賭けてみるという選択は、決して無駄にはならないはずです。
 ここ数年はAグループ昇格のための入れ替え戦出場になかなか届かず、部員もスタッフももどかしい思いをしているでしょうし、私も残念に思っております。
あきらめることなくチャレンジして、目標が現実になる日が来ることを心待ちにしております。